ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

教材 ホタルの光り方早見板

更新日:2022年2月20日更新 印刷ページ表示
1
ホタルは種類によって光り方が違います。

ただ、それを言葉で表現するのは難しいので、どうにか光り方の違いを見れる方法はないかと思って作ったのが、この「ホタルの光り方早見盤」です。

この盤にはゲンジボタル、ヘイケボタル、ヒメボタルの光り方を再現した円盤を回すことで、盤の上の紙に開いた小さな穴から、その光り方を見ることができるというものです。

円盤を反対側から反対側まで1秒間で回す要領でうまくグルグル動かすと、なんとなく光り方の違いがわかるかもしれません。暗い部屋で下から、穴めがけて光りを当てると、その孔の部分だけが光りを通して点滅するようにも見えます。

もし、よかったら作ってみて、お試しください。

厚めの紙に印刷して、作成して頂けましたら幸いです。できれば、超厚口の上質紙などに印刷するといいです。

作り方は、シートに載っているQRコードを読み込むとYoutubeにリンクして作り方の説明映像が見れます。
2
3
Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

現在地 トップページ<外部リンク> > 豊田ホタルの里ミュージアム ・下関市立自然史博物館<外部リンク> > 観察会・特別講演会・講師 > その他 > 教材 ホタルの光り方早見板