ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

カブトムシの体の観察会

更新日:2022年5月3日更新 印刷ページ表示

●日時:5月3日(祝・火曜日)
●内容:カブトムシの体について講義した後に、実際に一人1個体ずつカブトムシの雄成虫を渡して観察して頂いた。その後、1部分ずつ説明しながら解剖した。まずは、翅のさまざまな構造から解剖、観察し、次に腹部の気門、頭と胸と腹、雄の交尾器、肢の関節、口器を構成する付属肢などとすべてを解剖しながらその形状の役割や感覚器について顕微鏡で観察して頂いた。

1


現在地 トップページ<外部リンク> > 豊田ホタルの里ミュージアム ・下関市立自然史博物館<外部リンク> > 観察会・特別講演会・講師 > 観察会 > カブトムシの体の観察会