ゲンジボタルの形態

蛍の体を紹介した展示です。ここでは、ゲンジの幼虫と成虫の神経系の実物〈脳)やμCTスキャンで撮影したゲンジ、ヘイケ、オバの3D映像、3Dプリンター模型などがあります。また生物精密画家の川島逸郎先生の蛍の細密画も展示させて頂いてます。

展示の一部を改変しましたので、以下、当館公式Twitterを参照ください。

常設展示(ホタルの博物学)一覧へ戻る