施設概要
利用案内

ボランティア
豊田のホタル

体験学習
企画展
テーマ展

特別講演会

サポーター専用掲示板

パンフレット
リンク
当館は、下関市立唯一の自然史を扱う博物館です。ホタルだけではなく、下関市の動物、植物、化石、岩石に関する展示や教育、調査・研究を行っています。


Twitterをはじめました。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

←運用方針はこちら(PDF)

展示物・収蔵物をより詳しく紹介するページです。

どうぞ、こちらからご覧ください→

【夏季企画展】 螢の肢と蟲の肢

>>期 間: 平成30年5月25日(金)〜平成30年9月9日(日)
>>場 所: 常設展示室
>>内 容:ホタルをはじめとした節足動物(昆虫類、甲殻類、多足類、鋏角類)の肢(付属肢)を詳しく紹介。

【夏季テーマ展】 収蔵標本展『カミキリムシ』

>>期 間: 平成30年5月29日(木)〜平成30年9月9日(日)
>>場 所: 多目的ホール
>>内 容:当館に収蔵されている日本産カミキリムシを一同に展示します。

NEW 豊田のホタル祭り当日の当館駐車場について(2018.5.29)
 
 6月2日(土)と9日(土)の豊田のホタル祭り当日は13時から当館前の道路が一般車の通行が制限されますので、駐車場が利用できません。
  以下、詳細をご覧ください。


研究報告書10号ができました(2018.3.28)
 
豊田ホタルの里ミュージアム研究報告書ができました。



平成30年度イベントカレンダーができました(2018.3.16)
 
平成30年度(2018年度)の体験学習イベントカレンダーができました。


←PDFです。


Twitterの運用について (2018.2.2)
 
Twitterを始めました。さまざまな情報を迅速に提供していきます。どうぞ、よろしくお願いいたします。


雑誌『とよたの』(2017.5.27)
 
豊田のことやホタルのこと、そして半世紀のホタル祭りについてわかりやすく紹介した雑誌『とよたの』が刊行しました。
ホタル祭り会場や道の駅で販売しています。

価格:500円

←No. 190もご参照ください。


▲下関市豊田町のホタル舟(2017年6月18日)の映像です。
今年のホタル舟最終日に乗船して撮影した映像です。
※上の映像が見れない場合は、こちら(YouTube:下関市広報広聴課)をご覧ください。


豊田ホタルの里ミュージアム
〒750−0441 
山口県下関市豊田町大字中村50-3
電話:083−767−0350 FAX:083-767-0355
E-mail: thm16*city.shimonoseki.yamaguchi.jp

※お手数ですが、*印のところに@を入れてください。

【6月の観察会】

田んぼの生きた化石の観察会
・期日:6月3日(日)
・内容:ホウネンエビやカイミジンコなどを観察、採集して学びます。
※終了しました。

-------------------
ホタルの観察会(夜)
・期日: 6月3日(日)
・内容:ゲンジボタルの発光交信を学び、観察します。
※終了しました。

------------------
ホタルの観察会(昼)
・期日:6月17日(日)
・内容:昼間に活動する陸生のホタルを観察します。
※終了しました。

------------------
カエルの観察会(夜)
・期日:6月17日(日)
・内容:身近なカエルの鳴き声や種類について学びます。

-------------------
※2週間前から電話のみで受付します。先着順です。

-------------------
※くわしくは、過去の観察会の報告を参考にしてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【夏季企画展】 
 螢の肢と蟲の肢

>>期 間: 平成30年5月25日(金)〜平成30年9月9日(日)
>>内 容:ホタルをはじめとした節足動物(昆虫類、甲殻類、多足類、鋏角類)の肢(付属肢)を詳しく紹介。
企画展の詳細
・・・・・・・・・・・・・・・・・

日々の活動記録
(↑最終更新日:5/18)

刊行物
(↑最終更新日:5/26)
豊田の実物図鑑




イメージキャラクター「ホタルン」
↑当館キャラクターです。名前は「ほたるん」といいます。

当サイト利用について


*写真・文書の無断複写・転写を禁じます。(C)2005 hotaru-museum All rights reserved