施設概要
利用案内

ボランティア
豊田のホタル

体験学習
企画展
テーマ展

特別講演会

サポーター専用掲示板
 
(↑最終更新日:2/5

パンフレット
リンク
当館は、下関市立唯一の自然史を扱う博物館です。ホタルだけではなく、下関市の動物、植物、化石、岩石に関する展示や教育、調査・研究を行っています。


【秋季企画展】 下関のヤスデ

>>期 間: 平成29年9月22日(金)〜12月3日(日)
>>場 所: 常設展示室
>>内 容:下関のヤスデについて、形態、生態などを標本主体で詳しく紹介します。

←No. 196, 197, 199もご参照ください。

【秋季テーマ展】 蛍かごの作り方

>>期 間: 平成29年10月6日(金)〜12月3日(日)
>>場 所: アトリウム
>>内 容: “蛍かご”は麦わらで編んで作るホタルを入れる籠です。この籠は、多種多様な作り方や形がありますので、この展示では7種類の異なる作り方、形をした蛍かごの作り方を動画と実物で紹介します。

←No. 200, 201もご参照ください。

【第27回特別講演会】 新種はこうして見つけよう
 
生き物の新種ってどうやってみつけるの?新種ってどうやったら新種になるの?など、いろいろな疑問について、これまで300種を超える新種を見つけ、記載されて来られた吉富先生に講演頂きます!昆虫好きな方も必見!!

演題: 新種はこうして見つけよう
講師: 吉富博之 先生(愛媛大学)
会期: 平成29年11月11日(土) 13:00-14:30
定員: 40名 (先着順)

←講演チラシ(PDF)



NEW サソリの幼生がうまれました(2017.10.6)
 サソリの幼生が産まれました。今なら、背中にびっしりと小さな白い幼生が乗っています。あと数日もしたら脱皮して、背中から降りてしまいますので、興味がありましたら、ぜひ早めにご覧ください。

←No. 202もご参照ください。

いろいろなところで動画が見れるようになりました(2017.9.19)
 
いろいろな展示のところにQRコードが配してありますので、それを読み取るとYouTubeで当館オリジナルの空撮映像や貴重な生態映像を見ることができます。

タガメが卵産みました(2017.8.6)
 
タガメが卵を産みました!数日でふ化してしまいますので、ぜひ、あまり見られないタガメの卵とそれを保護・保育する親雄の様子をご覧ください。

←No. 194もご参照ください。

雑誌『とよたの』(2017.5.27)
 
豊田のことやホタルのこと、そして半世紀のホタル祭りについてわかりやすく紹介した雑誌『とよたの』が刊行しました。
ホタル祭り会場や道の駅で販売しています。

価格:500円

←No. 190もご参照ください。


▲下関市豊田町のホタル舟(2017年6月18日)の映像です。
今年のホタル舟最終日に乗船して撮影した映像です。
※上の映像が見れない場合は、こちら(YouTube:下関市広報広聴課)をご覧ください。


豊田ホタルの里ミュージアム
〒750−0441 
山口県下関市豊田町大字中村50-3
電話:083−767−0350 FAX:083-767-0355
E-mail: thm16*city.shimonoseki.yamaguchi.jp

※お手数ですが、*印のところに@を入れてください。
※平成29年7月28日よりメールアドレスが上記アドレスに変更しました。なお、これまでのアドレス(kittsomu@)も平成30年3月31日までは併用します。

【10月の観察会】

どんぐりの観察会
・期日:10月7日(土)
・内容:身近なところで見れるドングリを採集して標本にします。
※終了しました。
-------------------
松ぼっくりの観察会
・期日:10月14日(土)
・内容:松ぼっくりを観察、採集して標本にします。
※終了しました。

-------------------
ひっつきむしの観察会
・期日:10月15日(日)
・内容:動物の体にひっつく植物のタネを観察し、採集します。
※終了しました。

-------------------
ハリガネムシの観察会
・期日:10月22日(日)
・内容:ハリガネムシという生き物について学び、採集、観察します。
※定員に達しました。

-------------------

※2週間前から電話のみで受付します。先着順です。

-------------------
※くわしくは、過去の観察会の報告を参考にしてください。また、イベントカレンダーもご参照ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【秋季企画展】 
 下関のヤスデ

>>期 間:平成29年9月22日(金)〜12月3日(日)
>>内 容:下関のヤスデについて、形態、生態などを標本主体で詳しく紹介します。
企画展の詳細
・・・・・・・・・・・・・・・・・

日々の活動記録
(↑最終更新日:10/5)

刊行物
(↑最終更新日:10/5)
豊田の実物図鑑




イメージキャラクター「ホタルン」
↑当館キャラクターです。名前は「ほたるん」といいます。

当サイト利用について


*写真・文書の無断複写・転写を禁じます。(C)2005 hotaru-museum All rights reserved